フォーマルウェア豆知識
    タキシード編
  • 第1回  タキシードの歴史
  • 第2回  タキシードの小物 Part 1
  • 第3回  タキシードの小物 Part 2
    喪服編
  • 第4回  喪服の成り立ち
  • 第5回  レディース喪の装い
    喪のルール編
  • 第6回  数珠のお話
  • 第7回  袱紗のお話
  • 第8回  お香典のお話
    モーニングコート編
  • 第9回  モーニングコートのお話
  • 第10回  モーニングコートの着こなし
    ネクタイ編
  • 第11回  良いネクタイの選び方
    お手入れ方法編
  • 第12回  フォーマルウェアのお手入れ方法について
    叙勲編
  • 第13回  叙勲 -伝達式・皇居参内時の服装-
          叙勲 -伝達式・皇居参内時の服装について- (PDF 237KB)
    クルーズ編
  • 第14回  クルーズナイトの服装-
    YouTube
  • ネクタイ(プレーンノット)の結び方
    フォーマルルール
  • メンズルール
  • レディースルール

カインドウェアFacebookページへ

カインドウェア ロゴ
第4回 喪服の成り立ち

単に服を着るのではなく、知識を備えることにより、ますます愉しくなるのがフォーマルウェア。

第4回からは連載で、“ブラックフォーマルウェア・小物の歴史や由来”についてご紹介します。今回は「喪服の成り立ち」について。お葬式や弔事で着られている喪服のルーツを探ります。

喪服は遺族だけが着る服だった!

今日、喪服はお葬式や法事など弔事の際に着る服として定着しています。しかし、元々は亡くなった方の遺族だけが、喪中に着用する服でした。元々は弔問客は喪服ではなく、普段着で参列していました。この理由は“近親者には死の穢れが潜んでいる”という言い伝えにより、親族は「喪に服する」意味を込めて、喪服を着ることが義務付けられていたからだそうです。

その後、弔問客のスタイルに変化が起きます。明治時代には男性が紋付やフロックコート、ダークスーツを着用し、後には女性が黒紋付を着用するようになりました。こうして、遺族と弔問客の服装の区別がなくなり、「葬式に参加するための服」=「喪服」という観念が定着し始めたのです。そして、今日、喪服は“遺族も弔問客も、葬儀に参加する為のユニフォーム”として位置付けられています。

PAGE TOP

喪服は昔、白かった!?

現在では喪服=「黒」というイメージが定着していますが、初めから黒かったわけではなく、遠い昔、喪服は「白」だったそうです。それが、奈良時代には薄墨色、室町時代には白に戻り、明治時代に入りやっと現在の黒色の喪服が定着するようになったと言われています。

喪服が「白」から「黒」に変わるまでのきっかけには、いくつかの説があります。ひとつは「欧米化政策説」。欧米化がさかんになった明治時代、明治天皇の嫡母・英照皇太后の葬儀が行なわれました。この世界各国から国賓が参加する儀式で、列強に笑われないよう、西洋の葬礼に倣って黒い喪服を導入したと言われています。

もうひとつは、「戦争に伴う実用説」。日清・日露戦争が激しくなってきた頃、戦死した人を弔うための葬儀が頻繁に行なわれました。そのため、汚れが目立ちやすい従来の白い喪服に代わり、黒い喪服を着用するようになったと言われています。

これらがきっかけとなり、現在の黒い喪服のスタイルが確立し、人々に定着してきました。黒い喪服が定着している今日でも、一部の地域では、白の着物に白の帯という、“白装束”で葬儀に参加する地区もあり、儒教の影響を強く受ける中国や朝鮮では、今も白い喪服を着用しているそうです。

PAGE TOP

色のイロイロ

■ 黒は元々、おめでたい色

現在、日本では「黒」は“悲しみを表現する色”として定着していますが、元々“おめでたい色”として使われてきました。その名残は、結婚式で親族の既婚女性が黒留袖を着る習慣に残っています。最近では、“ドレッシーな色”としてのイメージも強く、結婚式やパーティでの人気が高い色のひとつになっています。

■ 白は“旅立ちの色”、“清めの色”

日本人にとって「白」は、“次の世界への旅立ちの色”、“けがれを清める色”です。亡くなった人に白装束を着せ、親族が白い喪服を着て故人を弔うことも、嫁入りの際に白無垢に身を包むことも、こうした意味が含まれているからだそうです。一見、正反対に思える慶弔にはこうした共通点がたくさん見受けられます。

ちなみに、花嫁さんが白無垢を着ることは、生家における娘の死を表し、嫁ぎ先での再生を意味するそうです。また、婚礼での「お色直し」とは新婦が新しい家に入り、その家の色に染めかえられた事を表すものでした。ですから、本来は一度着替えるだけで、何度も着替えることはしません。もちろん、新郎は「お色直し」はしませんでした。

今回の豆知識は、「喪服の成り立ち」についてご紹介しました。喪服も社会の動向によって、様変わりしているんですね!最近では、葬儀のスタイルも多様化していますので、これからますます変化が見られるかもしれません。宇宙葬が身近になれば、次の喪服は宇宙服かも…!

PAGE TOP


印刷用ページを表示

第5回 レディース喪の装い

単に服を着るのではなく、知識を備えることにより、ますます愉しくなるのがフォーマルウェア。

第5回では、前回の「喪服の成り立ち」に続き、実際の場面でどのような装いをしたらよいか、レディースの喪服の選び方についてご紹介します。

チャートで見る正・準・略喪服

「喪の装い」は、弔事の種類や出席する時の立場によって異なり、正喪服・準喪服・略喪服に分かれます。ここでは、“どのような場面にどのような装いがふさわしいか”をチャートでチェックしてみましょう!

チャートで見る正・準・略喪服

例えば、喪主の方が葬儀に出られる場合は、「本喪服」「準喪服」が適した装いとなります。このチャートからみると、「準喪服」はどんなシーンでも幅広く着られるウェアということがおわかり頂けると思います。それでは、続いてそれぞれの喪服の具体的な装いをご紹介します。

PAGE TOP

■ 正喪服

喪主・近親者の方が葬儀や告別式などで着用する、最も格式ある装いです。
着物の正装に代わるものとして購入する方が増えています。

派手な装飾がなく、体のラインが出ないシンプルなデザインのワンピース、スーツ、アンサンブルが主流です。詰まった襟元や長い袖(夏は6〜7分袖も可)、スカート丈はひざの隠れる二ー丈(ひざ丈)〜アンクル丈(くるぶし丈)等、肌の露出を最小限に控えます。

素材は、黒無地や地味な織り柄を選び、季節を問わず、光沢のあるものは避けるのがベターです。

詳細へ

■ 準喪服

上記のチャートでもご紹介したように、どんな立場の方でも広いシーンで着用できる最も一般的な喪服です。

ワンピース、スーツ、アンサンブルやパンツスーツなどのアイテムで、袖丈は5分〜長袖、スカート丈はニー丈(膝丈)〜ミディ丈(ふくらはぎ丈)がよいとされています。レース使い・織り柄・フリル・リボン等、流行のデザインを取り入れても可です。基本的に、黒無地や地味目の織り柄、光沢や透け感のないもの等、正喪服に準じた素材がベストですが、夏はコットンボイルやレース素材、冬にはベロアやベルベット等、季節感のあるものでも可です。

詳細へ

■ 略喪服

略喪服は、急な弔問や通夜、三回忌移以降の法事で着用します。 ワンピース、スーツ、アンサンブルに加えて、同素材・単品同士のコーディネイトやパンツスタイル等。色は、黒以外にグレーや紺でもよく、無地感覚の水玉・ストライプ・チェック・小紋タイプでも差し障りありません。ただ、袖なしのスタイル等露出のあるデザインは不向きです。襟の開いたものであれば、スカーフ等で胸元を隠せば問題ありません。

正・準喪服に比べて制約が少ないので、華美にならないよう気をつけましょう。

詳細へ

このように、喪服には、立場や状況に応じて、格式に違いがあることがお分かり頂けたと思います。
では、実際に喪服を選ぶときには、どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか?

PAGE TOP

あなたに合った喪服の選び方

全身が「黒」の喪服は、普段着以上に印象が大きく左右されますので、ご自分の雰囲気に合わせて、
デザインやディテールを選びましょう!

■ 全身をすっきりと見せたい方、シャープな雰囲気の似合う方

テーラードカラーやウィングカラーのような襟元がカチッとしたものやタイトなラインのスカート等、シャープな印象のものを選ぶとよいでしょう。

■ 優しい印象に見せたい方、フェミニンな雰囲気の似合う方

襟元には、丸襟やノーカラーのタイプを選ぶと、やわらかい印象になります。Aラインやフレアの入ったスカートでもお薦めです。

■ ミセスの方

簡単に着脱できる前開きのワンピースや、トリックドレスと言われるツーピース風のワンピースがお薦めです。ウエスト周りが楽な上、すっきりとした印象を与えます。
また、最近ではホテル等で行なわれる「お別れの会」や「故人を偲ぶ会」で着られる一般的なスーツのテイストに近いタイプにも関心が高まっています。

■ ヤングの方

ファーストフォーマルとして購入されるヤング世代の方には、1着でオールシーズン着られる、ジャケットとワンピースのアン サンブルタイプがお薦めです。
また、リボン等の着脱可能なパーツがついたものやコサージュは、雰囲気を変えられ、長く着回しができるのでお薦めです。

今回ご紹介した着用ルールは、日本フォーマル協会の規定をふまえたものですが、最近では、袖なしやスカート丈が短めのワンピースなど、今まであまり見受けられなかったデザインも人気が出てきています。最低限の気配りは大事にしながらも、ご自分に似うもの、着てみたいデザインを選ばれる方が増えているようです。

一口に“喪服”と言っても、最近は新しいデザインやシルエットのものも出ています。ぜひ一度、フォーマル売場に足を運ばれてはいかがでしょうか?

★もっと詳しくフォーマルウェアについて知りたい方のために!!
日本フォーマル協会では、『フォーマルウェア・スタンダード・マニュアル』を販売しております。
メンズ・レディースの慶弔の着こなし等を詳しくご紹介しています。


PAGE TOP


印刷用ページを表示