カインドウェア ロゴ
クルーズナイトファッション

クルーズパーティ

クルーズ船の船内では数多くのパーティやイベントが用意されています。
クルーズの愉しみの一つであるそれらは、同じ旅路を共にしている仲間達と一緒に、船内の雰囲気を盛り上げ、より旅を愉しむことが目的です。
特に夕方から開催されるフォーマルナイトは、艶かしい大人の時間。
お洒落にドレスアップして、積極的に参加するのをオススメします。

クルーズライフは自由に自分なりに過ごすもの、堅苦しいのはちょっと…。という方もいらっしゃると思います。もちろん、参加するかしないかは本人の自由ですが、自由だからこそ、フォーマルナイトという普段とは違う優雅な時間を愉しんでみるのも良いのではないでしょうか。

フォーマルナイトに参加する時に気を付けないといけないのは、”ドレスコード”。
”ドレスコード”とは、その場に相応しい装いをし、パーティを愉しむために参加者に決められた服装の規定です。
招待状に記載があるのが通例ですので心配されなくても大丈夫です。
”ドレスコード”を守り、優雅な時間を愉しみましょう。

クルーズパーティの様子

ドレスコード

●フォーマル
男性は”タキシード”。
”ブラックタイ”と指定があれば、白黒でまとめるタキシードが基本ですが、正式なパーティでなければ、インナーを色柄物で合わせるのもオシャレです。
女性は”イブニンクドレス”、”和装”。
●インフォーマル
男性は”ブラックスーツ”または”ダークスーツ”。
ネクタイやポケットチーフの色柄でアクセントをつけることで、より華やかな装いになります。
女性は”カクテルドレス”、”ワンピース”。
●カジュアル
気軽な服装で大丈夫ですが、「普段着」という意味ではありませんのでご注意ください。あくまでフォーマルな”気軽さ”になります。男女ともに清潔感のある装いを心掛けて心地よいパーティにしましょう。

△TOPへ

パーティスタイル

Formal ─ Tuxedo ~タキシード~

クルーズパーティで流行のタキシードスタイル

フォーマルと聞くと、思い浮かぶ服装は”タキシード”ではないでしょうか。
クルーズパーティのお供でも、やはり”タキシード”が基本になります。

普段あまり着る機会がない”タキシード”ですが、それ故に、実際羽織ってみると、背中がシャキっとし、これがなかなか心地良いものだったりします。

”タキシ-ド”は”黒い”タキシードスーツに”黒い”蝶タイというのが多くの方の認識かもしれません。しかし、最近のセレブを始め、海外では”黒”以外の色を取り入れた装いが流行しており、これまでの”黒”一辺倒だった装いから、季節感やロケーションに合った装いがトレンドとなっています。

写真は、ジャケットに落ち着いたチャコールグレーの生地を使い、衿の一部に切替しを施し、大人の優雅さを演出しています。逆に蝶タイは明るいオレンジ色のモノを使い、遊び心を含んだ印象を与える効果があります。
気品がありながらも少年らしさを併せ持つ、そのユニークな魅力に女性からはもちろん、他のお客様やクルーまでも貴方に一目置くことでしょう。

△TOPへ

Informal ─ Dress  up  suit ~ドレスアップスーツ~

クルーズパーティで流行のドレスアップスーツ

最近増えてきている船内パーティに”インフォーマル”があります。
”インフォーマル”は”フォーマル”ほどドレスコードに制限はありませんが、”インフォーマル”といっても船に乗船している様々な方が参加する社交場です。
相手に不愉快を与えず、愉しみたいものです。

”インフォーマル”の基本はスーツ又は、ジャケット&スラックススタイルになります。

スーツは普段から良く着られる方が多いと思いますが、パーティシーンで着用するドレスアップスタイルのスーツとなると、どうして良いか分からないという声を良く聞きます。
難しいことはありません。相手が不快に思わない範囲で自分なりに着飾れば良いのです。
クルーズパーティの醍醐味は”自由に愉しむこと”。
ご自分なりの華やかな非日常を愉しんでいただきたいと思います。

写真は、深めのネイビーに鮮やかなオレンジ色を使うことで、コントラストをつけ華やかさを演出しています。首元はネクタイではなくベストのオレンジと合わせたアスコットタイを巻くことでラグジュアリー感を引き出しています。面積は小さいですが、チーフやラペルピンは装いをまとめる重要なアイテムです。衿元のオシャレを忘れずに。

△TOPへ

印刷用ページを表示